JBグループのイグアス(矢花達也社長)は、10月2日、米Super Micro Computer(Supermicro)が提供するIAサーバーの動向を説明するセミナー「Supermicro新製品ロードショー」を、東京・渋谷で開催した。

 イグアスは、高性能コンピューティングでの利用に最適化したSupermicro製品の国内販売を手がけている。このほど、次世代CPU「Intel Xeon E5-2600 v3」に対応した新製品をポートフォリオに追加した。

 セミナーでは、Supermicroやインテルの担当者がSupermicro製品を活用したソリューション展開について説明したほか、イグアスの営業担当が関連サービスを紹介。会場は満員で、来場者は各セッションの内容に熱心に耳を傾けていた。

イグアスSupermicro営業部の鈴木達則氏が、同社が提供する各種サービスについて説明する