東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、10月14日、「情報産業のグローバル化に対応できる高度なエンジニアの育成を目指す」との趣旨に賛同して、10月17日・18日に開催する第25回全国高等専門学校プログラミングコンテスト(プロコン)と、同時開催の第6回NAPROCK国際プログラミングコンテストに特別協賛すると発表した。

 東芝ソリューションが、プロコンの特別協賛企業として支援を行うのは、2006年から今年で9年間連続。産学官が連携するプロコンは、将来のITを担う学生が、世界各国の同世代の技術力を実感・体感できる絶好の機会で、継続した支援を行うことが「グローバルなIT人材育成」につながると考えている。

 東芝ソリューションは、プロコンの支援を開始した06年から、中国のパートナー企業として約20年にわたる業務提携する東軟集団有限公司グループの東軟信息技術学院の学生・教員の来日を支援している。

 今年のプロコンには、昨年の中国、ベトナム、モンゴルの学生に加え、新たにタイのパトゥムワン工科大学、マレーシアのペトロナス工科大学の学生を含めて、海外から合計21人が参加する予定で、さらに国際色豊かな大会になる。

 東芝ソリューションは、海外と日本の学生が相互に理解を深めるプロコンへの特別協賛と来日支援によって、グローバルで活躍するIT人材の育成を支えていく。