東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、中堅市場向けソリューションの開発力強化を目的に、開発子会社の関東東芝情報機器システム、東芝関西アイエスの2社と東芝ソリューション販売の開発機能を、10月1日付で新会社「東芝ソリューションビジネスソフトウェア株式会社」に統合した。

 新会社の東芝ソリューションビジネスソフトウェアは、統合する各社が培ってきた開発技術、業務ノウハウなどを結集して共有することで、既存の資産の活用とクラウドなどに対応した新技術を融合し、開発力の強化を加速する。

 また、中堅市場向けソリューションの販売会社である東芝ソリューション販売との連携をさらに強化し、人事・給与、販売管理、会計などの中堅市場向け基幹業務パッケージ「AGENT3(エージェントキューブ)」シリーズを中心とした業務ソリューションや各種特定業種向けソリューションなど、顧客に最適なパッケージソフトウェアやクラウド型サービスの開発・構築を進める。