東芝ソリューション(錦織弘信社長)は、東日本大震災による生産活動の混乱を教訓に、戦略調達ソリューション「ProcureMeister」に災害発生時などの事業継続性の確保を支援する「BCP(事業継続計画)管理機能」を新たに加え、防災の日の9月1日に発売する。海外調達のEDI(電子データ交換)化を加速するための「グローバルWebEDI」機能もあわせてリリースする。

 「ProcureMeister」は、グローバル市場で勝ち抜く調達イノベーション実現のための戦略調達ソリューション。見積もり内訳の取得によって調達コストダウンに大きく寄与する「電子見積」、取引先情報を一元管理する「サプライヤ管理」を中心に、東芝グループをはじめとする電気・電子・自動車など、多くの製造業の顧客に利用されている。

 リリースするBCP管理機能は、「サプライヤ管理」の一機能として、平時には拠点別の1/2/3次取引先などのサプライチェーン情報を整備し、サプライヤの地理的な集中による調達リスクを管理・低減することで有事に備える。災害発生時には、影響度を迅速に調査・把握し、代替材の確保などの対策とその進捗状況を可視化する。

 「BCP管理機能」と同時に、海外のEDI標準に沿った海外拠点EDIの展開コスト削減とリードタイム短縮を目指した「グローバルWebEDI」機能もリリースする。グローバル調達拡大のために、ウェブブラウザを利用したグローバルEDIを実現し、グローバルEDI標準であるEDIFACT、ANSI X.12ベースのフォーマット対応で、マルチライン(多品一葉)データの取扱いができるようになる。