テンダ(小林謙社長)は、マニュアル作成ソフト「Dojo」の新バージョン「Dojo Ver.6.00」を10月31日に発売する。

 「Dojo」は、パソコン操作を行うだけで自動的にマニュアルコンテンツが生成され、会社独自のシステムやソフトのデモ・マニュアルを簡単に作成できるソフトウェア。バージョンアップでは、ズームやスポットライトなどの編集機能を強化し、より幅広い用途で作成コンテンツを利用できるようにした。

 動的コンテンツにつけるエフェクト機能を強化することで、マニュアル上での多彩な表現ができるようにした。新機能の一つ「スポットライト機能」は、一部の画面にスポットライトのように動的なエフェクトをかけることで、閲覧者の注意を喚起する。また「ズーム&パン機能」は、動的なコンテンツに出力した際に、フォーカスする部分にズームして、そのままパン(移動)できるようにした。

 さらに、PowerPointファイルを「Dojo」に取り込むことで、PowerPoint素材をマニュアルやコンテンツ作成に活用できるようにした。ユーザーから要望の多かったキャプチャした後の編集を簡単にできる機能や、作成したコンテンツをより表現力のある仕上がりにする機能を備えるなど、多くのユーザーニーズを反映している。「Dojo」内で編集を行う際も、独自の操作方法を学ぶことなく、PowerPointのような操作感で、簡単にコンテンツの編集ができる。

 テンダは、新バージョンのリリースを記念して、Apple WatchやiPhone6/iPhone6 plusが当たる「Dojo Ver.6.00リリース記念Wキャンペーン!」を実施。新バージョンで、1000ライセンス以上の販売を目標にする。