テンダは(小林茂社長)は、2月14日、マニュアル・取扱説明書・eラーニングコンテンツ自動作成ソフト「Dojo(道場)」の導入企業が、2014年1月末に2000社を突破したとを発表した。これを記念して、「Dojo」の新規購入者向けの特別キャンペーンを実施する。

 「Dojo」は、Windows上でアプリケーションの操作を行うだけで、自動でマニュアルや取扱説明書、eラーニング教材を作成できるマニュアル&教育コンテンツ作成ソフト。業種・業態を問わず、多国籍の企業が利用しており、製品発売から約5年9ヶ月で導入企業が2000社を達した。

 これを記念して、2月12日~3月31日に「Dojo」を新たに申し込んだユーザーに、「Google Chrome OS」を搭載したノートパソコン「Chromebook」をもれなくプレゼントするキャンペーンを実施する。さらに、「Dojo」の新規購入を検討する人に、抽選で「Chromebook」を1名に、2000個の金塊型ティッシュを1名に、2000個の煎茶ティーパックを1名にプレゼントする。