日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)とアットマークテクノ(実吉智裕代表取締役)は、10月28日、アットマークテクノのIoT(Internet of Things)ゲートウェイ「Armadillo-IoT」が、NSWのM2M(マシン・トゥ・マシン)クラウドサービス「Toami」に対応したと発表した。

 「Armadillo-IoT」が「Toami」と接続できる「Toami Ready」ゲートウェイとして認定され、12月から「Toamiソリューション」のラインアップに加わる。

 「Toami」は、デバイス、ネットワーク、M2Mプラットフォーム、アプリケーションまでを含むオールインワンのM2Mソリューションサービス。リモート機器からのデータをセキュアでリアルタイムに検索でき、クラウドサービスとしての安心感・安定感がある。また、ドラッグ&ドロップで簡単に開発できる機能など、組込み開発現場へのクラウド導入をスピードアップする仕組みを提供する。

 「Armadillo-IoT」は、Linux搭載の小型・省電力組込みCPUボード「Armadillo」の技術を応用したIoT向けのゲートウェイ。組込み機器のプラットフォームとして、さまざまな用途での採用実績がある「Armadillo」がベースで、フィールド用途に耐える堅牢な設計だ。ソフトウェア/ハードウェアは、各要求に柔軟に対応する。

 専用のアドオンモジュールを差し替えて、各種の機能を簡単に追加できる。シリアル(RS232C/422/485)や接点入出力のほか、Wi-SUNやEnOcean、BLE(Bluetooth Low Energy)など、最近注目の無線規格に対応したアドオンモジュールも用意。ソフトウェア開発には、無償公開している「Armadillo」向けの開発環境やユーザーコミュニティを利用できる。

 NSWは、インターフェースやアプリケーション開発の自由度が高い「Armadillo-IoT」が「Toami Ready」になったことで、顧客の多様な開発要望にさらに細やかに対応できるM2M/IoTサービスとして「Toami」の提供を拡大していく。