富士通システムズ・ウエスト(鈴木英彦社長)は、アジアで事業を展開する日系製造業に向けて、販売・生産・調達などの計画管理業務を統合管理するパッケージ製品「FUJITSU Enterprise Application PROFOURS(PROFOURS)」を、2015年1月に発売する。販売はタイと中国から開始し、順次拡大していく。

 需要計画・需給計画・製造計画・調達計画などを統合管理する計画業務専用のパッケージ製品。多拠点を抱える企業が、企業全体の作業効率や計画精度の向上につなげることができる。金属製品、プラスチック製品、食品、化学、医薬など、細業種別の機能を提供。設定の作業が不要なので、早期導入・稼動ができる。

 販売・サポートは、海外グループ会社のFujitsu Systems Global Solutions Managementが中心に行う。タイや中国など、アジア地域での販売に合わせて、商慣習や言語、導入方法などをローカライズして提供する。ユーザーが自社で導入する方式から、コンサルティングやQA対応などのサービスを組み込んだ方式まで、要件・要望に合わせてた導入方式を用意する。

PROFOURS(イメージ)