近年、グローバルのIT市場では、中国企業の台頭が著しく目立つようになってきた。急成長を遂げ、昨年度には年商4兆円超えを果たした中国ICTメーカーの華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ、以下、ファーウェイ)は、通信事業者向けのネットワーク事業や、コンシューマ向けの端末事業に加えて、グローバルで法人向けビジネスを強化し始めた。2013年第4四半期には、前年同期比188%増のx86サーバー出荷台数を記録し、通年のグローバルのサーバーシェアは2.8%で4位を獲得(米ガートナー調べ)。日本でも間接販売網を本格的に整備し、すでに複数の大手商社と手を組み始めている。売上規模では富士通に匹敵する中国ICTメーカー、ファーウェイの価値を探った。(取材・文/上海支局 真鍋武)