サイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)は、11月25日、サイボウズ(青野慶久社長)が提供する業務アプリクラウド「kintone」と連携して利用する「kBackup」の提供を開始した。

 「kBackup」は、kintoneアプリに登録したデータが消えてしまった際に備えて、データを保全するサービス。登録したデータと添付ファイルをcybozu.comクラウドと異なるクラウド環境にバックアップし、保存したバックアップデータを管理する。

 Amazon Web Serviceで運用し、登録したテキストのデータに加え、添付ファイルを自動的にバックアップする。また、「kintone」アプリのデータ更新のタイミングで情報をオンラインバックアップするので、最大30日前から最新の状態まで、いつでも戻したい時点に復元することができる。

 価格は、初期費用が無料、「ライトコース」が月額7000円、「スタンダードコース」が月額1万2000円、「プレミアムコース」が1万5000円。