サイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)は、5月27日、Android端末を業務専用端末として利用するためのデバイス管理サービス「専用端末化サービス」の販売を開始した。

 専用端末化アプリケーションをインストールすることで、端末をまったく操作できない状態にして、そこから利用を許可するアプリや時間などを設定するデバイス管理サービス。山本裕次社長は、「設定によって端末の機能を制限する従来のモバイルデバイス管理(MDM)サービスとは異なり、あらかじめ端末を使えないようにして、設定によって機能を追加していくことで専用端末化しやすい」と説明する。

山本裕次社長

 デバイス管理として、管理者がパソコンのブラウザーからリモートでアラームを鳴らしたり、デバイス操作をできなくしたりする機能のほか、位置情報を取得して追跡できる機能などを搭載した。

 専用端末化に向けて、ユーザーが安心して使えるよう、業務に必要な報告書のデータを登録したり、編集したりすることができる5パターンのアプリケーション開発するサービスを提供。アプリ開発の一部には、サイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」と、簡単にウェブフォームが作成できるCstapの「フォームクリエイター」を利用する。

 価格は、 管理端末5台までが月額3500円/年額39900円から。パターンアプリの開発サービスは、1週間の納期で20万円。サイボウズスタートアップスは、発売から1年で100社5000端末への販売を目標としている。(真鍋武)

「専用端末化サービス」のシステム構成図