サイボウズ(青野慶久社長)とサイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)が、6月18日、クラウド帳票サービス「プリントクリエイター」のバージョンアップを発表した。

 「プリントクリエイター」は、サイボウズが提供する業務アプリクラウド「kintone」と連携して、PDFファイル形式の帳票を出力するサービス。Cstapが提供する。従来は、「kintone」アプリに登録したデータを1枚の帳票に差込み出力しかできなかったが、新バージョン2.0では、一括出力機能を利用することができるプレミアムコースを提供する。1回の同時出力最大枚数は500枚、月間5000枚の一括出力ができる。一括出力は、絞込みをかけた後にも使用できるので、ユーザーごとに、「今月の」「自分の」などの報告書を一括出力することができる。さらに複数のアプリにまたがる「関連レコード」設定にも対応し、自由度の高いレイアウトが作成できる。

 また、従来は利用できなかったテーブルに対応。これによって、複数の商品提供時の見積もりや請求書の発行、複数の企業を訪問した際の報告書の作成などを、簡単に行うことができる。ルックアップにも新たに対応し、「kintone」の機能をフルで使いながら、便利にレイアウトできる。

 価格は、初期費用が無料、ライトコースが月額6000円、スタンダードコースが月額9000円、プレミアムコースが月額1万6000円。別途、「kintone」のスタンダードコースのライセンス(月額1500円/1ユーザー)が必要となる。