クオリティソフト(久保統義社長)は、12月1日、アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)と協業し、フルスペック・クライアント管理製品「QNDシリーズ」と脆弱性検出型クライアント管理クラウド「ISM CloudOne」で、クラウド型URLフィルタリング機能「URL Filtering powered by InterSafe」を発売した。15年1月から順次サービスを提供する。

 これまでクオリティソフトのクライアント管理両製品では、従来型の入り口対策として、OSやアプリケーションを最新の状態にして脆弱性のないクライアント環境を維持する機能を提供していたが、「URL Filtering powered by InterSafe」では、入り口対策の強化と、万が一マルウェアに感染した場合、C&Cサーバーへの通信を検知・遮断する出口対策としても利用できるようになった。

 また、クラウド型のURLフィルタリング機能なので、出張中や外出中でも社内と同じように端末を保護するので、ワークスタイルを選ばず、新たなセキュリティ脅威への対策を行うことができる。

 「URL Filtering powered by InterSafe」は、「QND Advance」に標準搭載して、年間バージョンアップサービス加入期間に利用することができる。「ISM CloudOne」では、オプションで提供する。