【上海発】新日鉄住金ソリューションズの中国現地法人である新日鉄住金軟件(上海)(NSSOL上海、東條晃己総経理)は、NTTデータ イントラマートのシステム構築基盤「intra-mart Accel Platform」上に開発した業務機能テンプレート群を製品化し、「NS BizBooster」として2015年に提供を開始する。

 「NS BizBooster」は、日系企業の海外現地法人向けに、人事基本情報や勤怠管理などの「人事」、経費申請や精算などの「経理」、受注契約管理、購買管理などの「営業」といった業務機能テンプレート群を提供。ユーザーは、「intra-mart Accel Platform」上でのアプリケーションのスクラッチ開発が不要で、業務機能テンプレートを自社に合わせてカスタマイズするだけで、短期間でシステムを導入できる。

 NSSOL上海は、2014年に提供を開始したクラウドサービス「absonne for China」上で、「NS BizBooster」や生産管理システム、人事勤怠システム、帳票・BIツールなどの統合デモンストレーション環境「Solution Complex」を提供。篠村健・営業本部高級銷售経理は、「顧客先での提案時に、瞬時にデモ環境を立ち上げて、試していただくことができる」という。

 「NS BizBooster」は、中国の日系企業だけでなく、シンガポールやタイなどのASEAN地域に進出する日系企業に対しても、新日鉄住金ソリューションズの現地法人を通して提供していく。篠村・営業本部高級銷售経理は、「2015年に40社へ提供したい」と意欲を示している。(上海支局 真鍋武)

篠村健・営業本部高級銷售経理