HOYAサービス(大原幸男社長)とインターコム(松原由高社長)は、1月7日、HOYAサービスが販売するERP(統合基幹業務システム)パッケージ「Microsoft Dynamics AX」と、インターコムが開発・販売するEDI(電子データ交換)パッケージ「Biware EDI Station」を連携した製造業向けERP・EDIソリューションの提供を開始した。

 従来、ERPとEDIを連携させるためには、個別のプログラム開発など、大きな負担が必要だった。今回の連携ソリューションは、HOYAサービスが開発した専用アダプタを利用して、「Microsoft Dynamics AX」と「Biware EDI Station」のデータを連携。専用アダプタをインストールすることで、ERPとEDIの連携基盤を構築でき、従来に比べて導入のコスト削減や導入期間の短縮を実現する。

 「Biware EDI Station」が担うEDIの通信機能は、インターネットEDIからレガシー(従来型)EDIまで、新旧のさまざまな通信手順に対応し、業種・業態を問わず、幅広いEDI取引に活用できる。さらに、日本の組立加工製造業の業務要件を徹底的に吸い上げて開発したHOYAサービス独自の「Microsoft Dynamics AX 組立加工系生産管理テンプレート」も用意。製番管理・生産計画取込みなど、一品一葉の個別受注生産から見込み生産まで、幅広く対応し、グローバル展開する中堅製造業の基幹業務を強力にサポートする。