富士ソフト(坂下智保社長)とレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(ロードリック・ラピン社長)は、1月15日、サポート終了が7月15日に迫った「Windows Server 2003」を利用中の顧客に対する移行支援分野で提携すると発表した。

 今回の提携により、両社のもつ移行支援体制を相互に活用することで、顧客環境の迅速・安全な移行を促進するだけではなく、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドクラウドなど、さまざまな移行先環境のオプションの選択が可能となり、単一の窓口で効率的に相談・依頼を行うことが可能となる。

 富士ソフトは、秋葉原に「マイクロソフトソリューション&クラウドセンター」を常設の環境として有しており、マイクロソフト製品に関する高いスキルと豊富な実績を生かした最新ITソリューションの提案を行っている。今回のWindows Server 2003のサポート終了でも、長年培ってきた経験と技術を生かし、14年7月にWindows Server 2003サポート終了特設サイト「らくらくサーバー移行コンシェルジュ」を開設、8月には「速く」「簡単」「低コスト」で、Windows Server 2003環境を移行できる「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」の提供を開始している。

 「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」は、Windows Server 2003で稼働しているアプリケーションサーバーを独自技術の集約により、アプリケーションの互換性問題を解消して、OSアップグレードを自動化し、アップグレード後の仮想サーバーイメージを提供するソリューション。同ソリューションを、レノボが提供する製品・ソリューションと組み合わせることで、OSのアップグレードだけではなく、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドクラウドを含めた最新のIT環境への移行を促進する。

 レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、Windows Server 2003ユーザーの移行を支援する体制として、14年12月に秋葉原の本社内に「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」を開設。顧客ごとに異なるIT環境を簡易診断し、LES Windows EOSソリューション・パートナーが提供する各種移行支援ソリューションの中から、最適なソリューションの提案を行っている。

 今回の提携により、富士ソフトの「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」を「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」ソリューションメニューとして追加し、顧客は多様な選択肢から自社環境に適した移行ソリューションを選択することが可能となった。これらの移行支援ソリューションは、System xによるIT基盤構築に高い技術力をもつLES Windows Server 2003移行パートナー(16社)を通じて、System xをはじめとする最新のIT基盤とともにワンストップで顧客に提供し、迅速・安全な移行を支援する。

 今後は、両社の秋葉原の拠点を中核として「Lenovo Windows EOS駆け込み寺」や「らくらくアップグレード for Windows 2003」などの製品・サービス、さらには両社が有する移行支援スキル、ノウハウを結集したセミナー共催などを通じて、Windows Server 2003を利用中の顧客に対する最適な移行方法の提案を行うとともに、富士ソフトの「らくらくアップグレード for Windows Server 2003」と、レノボ System xを組み合わせた移行オファリングを拡充していく。