日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、2003年6月に発売したサーバーOS「Windows Server 2003」が、マイクロソフトによる「サポートライフサイクルポリシー」にもとづくサポート提供が15年7月15日(日本時間)に終了することを受け、12月5日から「待ったなし、Windows Server 2003移行キャンペーン」を実施する。

 国内で稼働するサーバー数238万台のうち、14年末時点で8.8%を占める約21万台で「Windows Server 2003が稼働していると推定され、セキュリティ上の脅威に対応するために最新環境への移行が課題になっている。サポート終了までにサーバーの最新環境への移行を推進することで、約5万台まで「Windows Server 2003」で稼働するサーバーを減らすことを目標に、「待ったなし、Windows Server 2003移行キャンペーン」として、全国で活動を展開する。

 日本商工会議所や地域の商工会議所、経済産業省、ITコーディネータ協会と協力し、全国20か所でサポート終了後に懸念されるセキュリティ上の脅威などについてわかりやすく解説し、移行の必要性と移行方法について説明する「待ったなし、Windows Server 2003移行セミナー」を開催する。

 また、「待ったなし乗り換えキャンペーン」として、中堅・中小企業を対象に、12月8日から15年3月31日までの期間、ボリュームライセンス価格を10%割引する。割引の対象は、最新サーバーOS「Windows Server 2012 R2」とクライアントアクセスライセンス(CAL)。

 さらに、マイクロソフトファイナンシングを通して、15年3月末までの予算化が難しい場合でも、サポート終了までに最新のサーバー製品が調達できるように支援する「サーバー乗り換え購入支援サービス」を実施。15年6月末までに、ボリュームライセンスで購入する「Windows Serverライセンス」には、ゼロ金利でのリース調達を提供する。サーバーマシンやPCなどハードウェアとの一括調達でも、優遇金利でのリースの相談に応じる。このほか、ニーズに沿った柔軟な支払いパターンにも対応する。