TwoFive(末政延浩社長)は、オープンソースのPOP3/IMAP4サーバー「Dovecot」を開発するフィンランドのダブコットとディストリビュータ契約を締結し、ISPをはじめとする大規模システム向けを中心に、日本市場で初めて商用版「Dovecot Pro」の販売・サポートを開始する。

 また、TwoFiveが販売するペタバイト規模まで拡張できるオブジェクトベースの分散ストレージソフトウェア「Scality RING Organic Strage」(米Scality)や、自社開発した日本語対応の管理GUIやLDAPなどを組み合わせて「Dovecot Pro」に付加価値を付け、コンサルティングサービスも提供する。

 「Dovecot」は、ダブコットのチーフアーキテクトであるティモ・シライネン氏が中心となって開発したUNIX系OSで稼働するオープンソース版POP3/IMAP4サーバーソフトウェア。2002年に初版を公開して以来、世界中のメールストアの約50%で採用されている。可用性と信頼性が高く、また、現在も積極的な技術開発が継続されていることから、他のオープンソースのIMAPサーバーソフトである「UW-IMAP」や「Cyrus-IMAP」からのリプレースが加速しているという。

 2階層構成のステートレスアーキテクチャが特徴で、効率的に負荷をバランスすることで、膨大な数のユーザーが利用するシステムでもメールボックスに快適にアクセスできる。また、メールシステムに何らかの単一障害が発生した場合でも、サービスを継続する信頼性・可用性の高いメールシステムを構築できる。

 商用版「Dovecot Pro」は、オブジェクトストレージを利用できるプラグインを提供することで、「Amazon S3」や「Microsoft Azure」などのクラウドオブジェクトストレージなども利用できるようになる。また、2月には高速サーチ機能を搭載する予定で、一般的な検索機能の方式よりも大幅に検索用データを縮小し、メールシステムのリソースの浪費を防止する。

 税別価格は、500メールボックスで34万5000円から。