ネットアップ(岩上純一社長)は、1月28日、オンプレミスからハイブリッドクラウドへ、どのように展開していくのかを、最新のソリューションと革新的なテクノロジーを通して紹介するイベント「NetApp Innovation 2015」を、東京・目黒区で開催した。

 イベントのテーマは「自由、そして自在へ」で、ネットアップが掲げる「Unbound Cloud」という新しいクラウドデータ管理のビジョンを訴求した。基調講演には、米国本社のジョージ・クライアン・製品オペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントが登壇し、クラウドサービスが浸透しているなかで、次の10年を見据えたストレージのあり方をアピールした。

 クライアン・エグゼクティブバイスプレジデントは、「プライベートクラウドをはじめ、クラウドサービスプロバイダやハイパースケールサービスプロバイダによるサービスなどを組み合わせて利用することがあたりまえになりつつある。各クラウドで保存しているデータがサイロ化しているのが現状」と説明したうえで、「当社のストレージの新OS『Data ONTAP 8.3』によって、さまざまなクラウドサービスに点在するデータを一元管理できる」と、ネットアップ製品の優位性をアピールした。

米ネットアップのジョージ・クライアン・エグゼクティブバイスプレジデント

 日本法人の岩上社長も、「当社のストレージ製品が、パートナーの今後のビジネスを拡大させることをお約束する」と、来場者にアピールした。

ネットアップの岩上純一社長

 展示会場では、パートナー企業が、ハイブリッドデータクラウドサービスの「NetApp Private Storage for Cloud」をはじめ、オブジェクトストレージやフラッシュ、OpenStackなどをベースとした製品・サービスを披露した。このイベントは、東京を皮切りに、福岡や名古屋、大阪でも開催する予定。(佐相彰彦)

出展企業がストレージ関連の製品・サービスを展示