ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、9月26日、米VMwareとOEM契約を締結し、2U(約8.9cm)の高さでサーバー・ストレージ・ネットワーク・仮想化ソフト・管理ソフトを統合し、高性能の仮想基盤を実現する超垂直統合型アプライアンス製品「NetOne Integrated System Appliance for VMware EVO:RAIL(EVO:RAIL)」を、10月1日に国内で初めて販売・出荷すると発表した。

 「EVO:RAIL」は、VMwareの「Software-Defined DataCenter」製品群によって、導入・運用・拡張の大幅な簡易化・迅速化を実現。高さ2Uの垂直統合製品で、仮想マシン100台や仮想デスクトップ250台を収容できる。固定構成なので、設計・構築が最小限で済み、簡単な操作で仮想基盤を15分で導入できる。追加接続した「EVO:RAIL」を自動的に認識し、1クリックで4台まで拡張することができる。

 イーサネット技術をフル活用することで、処理スピード向上とコスト削減、容易なスケールアウトを実現。ネットワンシステムズの強みである高度なネットワーク技術を生かすことによって、シンプルな仮想基盤を構築する。

 顧客の要望に応じて、セキュリティ・負荷分散などの仮想アプライアンスによる高度な「仮想基盤ソリューション」、仮想デスクトップ・コラボレーションツールによる「ワークスタイル変革ソリューション」、安定稼働と運用負荷軽減を実現する「遠隔モニタリングサービス」を「EVO:RAIL」に追加して提供。高度な設計・構築技術に加え、仮想基盤・仮想デスクトップの自社導入経験による利活用・運用ノウハウも提供する。

 将来は、「EVO:RAIL」を導入したオンプレミス環境と、VMwareのクラウドサービス「VMware vCloud Air」や「EVO:RAIL」を導入したクラウドサービス事業者を、高度なネットワーク技術で連携することで、高品質のハイブリッドクラウド環境を構築する。

 税別価格は3000万円(3年保守を含む)から。ネットワンシステムズは、14年度で30億円の売り上げを目標とする。