日立システムズ(高橋直也社長)と、日立システムズの中国事業会社である日立系統(広州)(小林茂彦董事長)は、3月2日、中国の業界最大手の出版メディアグループである鳳凰出版グループ(陳海燕董事長)のリース子会社「江蘇鳳凰文貿租賃有限公司」が、日立システムズの中国リース会社向け業務管理システム「日立融資租賃管理系統」を導入したと発表した。

 日立システムズは、14年4月に初の中国現地法人となる日立系統(広州)を設立。同年7月には上海分公司を開設し、中国市場向けITサービス事業に注力している。中国に進出する日系企業向けのITソリューションだけではなく、現地企業向けのソリューションとして、リース会社向け業務管理システム「日立融資租賃管理系統」や介護サービス管理システム「日立介護サービス管理系統」などを展開している。

 一方、鳳凰出版グループは、南京市を拠点とし、中国の出版業界で重要な地位を占めている教育出版分野に強みをもつほか、映画やテレビ、ホテル、不動産、金融など多くの事業を手がける大手国有企業グループ。さらに、最近ではデータセンター事業など新たな分野へ事業を拡大している。鳳凰出版グループは、今回、事業拡大施策の一つとして、新たにリース会社を立ち上げるにあたり、日立システムズのリース会社向け業務管理システム「日立融資租賃管理系統」を導入した。

 鳳凰出版グループでは、多くのリース会社向け業務管理システムの中から、「日立融資租賃管理系統」を選定・導入した理由について、「中国で導入実績があり、事業拡大後の拡張性にも優れていること」、「中国でリース業務を展開している日立キャピタルや日立建機の中国子会社の協力による業務プロセスのデモを見て、自社のリース業務でも同システムが適合することを実感できたこと」、「日立グループであることから、高品質な製品・サポートが継続的に提供される安心感があったこと」、「機能追加などシステムの2次開発にも対応でき、開発能力にも優れ短納期での対応が可能であること」などを挙げている。

 日立システムズと日立系統(広州)は、今後も日立グループと連携し、同システムや高品質なリース業務管理手法の提供を通じて、鳳凰出版グループのリース事業拡大を支援していく。また、今回の事例を踏まえて「日立融資租賃管理系統」の拡販に注力し、中国のリース業界の発展や、さらには中国経済の発展に寄与していく。