Skyは、普通教室でのICT活用を支援するタブレット端末対応授業支援ソフトウェア「SKYMENU Class 2014」を、6月に発売する。

 「教育の情報化ビジョン」が示す一斉学習・個別学習・協働学習を支援するソフト。使いやすさを考えた画面デザインで、操作性を追求した。機能ボタンを集約したツールバーで、初めて使う先生でも迷わず操作できるように、大きくわかりやすいアイコンを配置した。

 タッチ操作がしやすい大きなボタンは、選択すると色が変わり、使用している機能がひと目で把握できる。また、メニュー階層を減らし、少ない手順で操作できるようにメニュー構成を工夫。先生の意見をもとに、ツールバーに表示するボタンの数や配列も工夫した。

 普通教室でタブレット端末を使用する際に多く利用される無線LAN環境については、Skyのこれまでの経験から、より安定して活用できるように工夫した。画面一覧で教員機や学習者機の無線LANアクセス状態を表示するほか、画面転送時の通信量(フレームレート)を抑える設定で通信量・負荷を低減。通信が瞬断された場合や教材の配付・回収が失敗したときにも、授業の進行を妨げないよう考えられている。

 「SKYMENU Class」は、ICT活用教育支援ソフト「SKYMENU Pro」とあわせて利用できる。同じ校内サーバーで運用して、ユーザー管理などを一元化できる。

 価格はオープン。全国の文教関係のメーカーや販売代理店を通して、主に小・中学校、高校、大学などに販売する。