東芝情報機器(影山岳志社長)は、シンプルでわかりやすい操作や従来の授業スタイルの継承を特徴とする、教育市場向けソフトウェアdynaSchoolシリーズとして、「dynaSchool デジタルノート@クリエイターズ」、「dynaSchool Support」、「dynaSchool Recovery」の3商品を、3月13日から順次発売する。

 dynaSchool デジタルノート@クリエイターズは、放送大学教授の中川一史氏監修のもと、インテルとの共同企画により開発した、Windowsタブレット端末用デジタルノートソフトウェア。紙のノートやワークシートをタブレット端末で撮影し、低学年の児童にもわかりやすい直感的な操作で、手書き、画像、動画、音声などのデジタルデータを加え、マルチメディアノートを作成することができる。児童・生徒は、自ら電子黒板やプロジェクターを利用した発表や、ノートのデータ共有などが容易にできるようになり、「思考力・表現力」の向上につながる。また、紙のノートとタブレット端末を併用することで、教師は従来の授業スタイルを変えずに、効果的な学習指導が可能となる。

 dynaSchool Supportは、教師のタブレット端末から児童・生徒のタブレット端末に教材をいっせいに配布したり、児童・生徒のタブレット端末画面をいっせいに回収し、電子黒板に比較表示することができる授業支援ソフトウェア。サーバーの設置が不要なため、導入が容易であり、またシンプルな操作性が特徴となっている。

 dynaSchool Recoveryは、児童・生徒のタブレット端末環境を授業ごとにリセットし統一したいとの要望に応え、タブレット端末の環境を変えても自動的に元の環境に復元するソフトウェア。常に同じ初期状態に保つことができ、教師や管理者の負担を低減することができる。

 価格はオープン。発売は、dynaSchool デジタルノート@クリエイターズが3月13日、dynaSchool SupportとdynaSchool Recoveryは4月中旬の予定。