キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、神森晶久社長)は、企業向け情報セキュリティ対策ソフト「ESET Endpoint Protection(イーセット・エンドポイント・プロテクション)シリーズ」の新版“バージョン6”を、2015年秋から日本で発売する。また、製品版の販売開始に先立ち、6月末からクラウド対応製品の評価版の無償提供も始動させる。同製品はスロバキアのESET社が開発し、キヤノンITSが国内での総販売代理店として機能している。

 今回のバージョンアップでは、ウイルス駆除などの基本性能が強化されるほか、クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator(イーセット・リモート・アドミニストレータ/以下、ERA)」が刷新される。現行版では、オンプレミスの環境に管理サーバーを設置する必要があったが、今回の刷新でクラウド環境への完全対応が実現される格好だ。

左からキヤノンITSの近藤伸也・執行役員、ESET本社のリチャード・マルコCEO、同イグナシオ・スバンパトCSO/CMO

 来日したESET本社のリチャード・マルコCEOは、「新バージョンのERAは、数年間をかけてプログラムを一から見直し、新規に設計・開発を行った」と話す。

クラウド対応ERAのイメージ

 キヤノンITSでは、今回の新版投入に合わせて、新たに発見されたウイルス(あるいは、ウイルスと疑われるプログラム)の真贋や脅威度などを迅速に分析する“セキュリティラボ(仮)”を本格的に拡充する。この取り組みにおいては、ESETはもとより、国内の情報セキュリティベンダーとの協業を進めながら、「国内で発見された新種のウイルスに対する即応力を大幅に強化していく」(キヤノンITSの近藤伸也・執行役員セキュリティソリューション事業部長)という。

 ESETシリーズはウイルス駆除ソフト国内第4位のシェアを持つが、早い段階でトップ3入りを目指す。(安藤章司)