ネットワンパートナーズ(川口貴久社長)は、Internet of Things(IoT)によるスマートファクトリーの実現に向けて、米シスコシステムズの産業環境向けイーサネットスイッチの最新ハイエンドモデル「Cisco Industrial Ethernet(IE)4000シリーズ」を、パートナー企業経由で5月8日に発売した。

「Cisco IE 4000 シリーズ」製品写真

 Cisco IE 4000シリーズは、産業用制御システムに求められる堅牢性やリアルタイム性に加えて高帯域・高拡張性を備え、またIoTアーキテクチャを見据えた新しいネットワーク基盤を実現する。これによって導入企業は、ネットワンパートナーズが提供するセキュアで高性能なIoT対応ネットワーク基盤とパートナー企業のIoTシステムソリューションを組み合わせ、IoTアーキテクチャのもとで大量データを活用して生産環境をリアルタイムで最適化し、工場の生産性向上に向けた新しい取り組みを進めることができる。

 ネットワンパートナーズでは、Cisco IE 4000シリーズをIoTソリューションポートフォリオに追加し、高度なネットワーク技術やセキュリティ技術を生かすことで、工場だけでなく、エネルギー・交通・公共などの社会インフラで拡大するIoTニーズにも、パートナー企業のシステムソリューションとともに対応していく。