新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL、謝敷宗敬社長)は、横河電機(西島剛志社長)がITインフラの統合運用サービス「NSFITOS」を導入したと発表した。

 横河電機は、2015年に創業100周年を迎えるにあたり、「制御事業グローバルNo.1」を目指すビジネスの構造改革を行っている。とくにIT部門では、グローバルIT戦略「Global IT Strategy」として、「IT人財のIT戦略企画・推進業務へのシフト」「ITインフラの最適化」「災害対策強化やITサービス品質の向上」を目標に、業務の最適化、収益性・効率性の向上を重視してきた。

 今回、NSFITOSの導入により、横河電機の本社や災害対策センターにあったITインフラを、NSSOLのデータセンターや災害対策センターへ移設。また、NSSOLの月額制クラウドサービス「absonne Enterprise Cloud Service」を利用することでTCOを削減するなど、IT資産管理の最適化を図る。また、システムの運用に関しては、人材の転籍を含め、運用業務をNSSOLへ移管するほか、標準化や運用ツールによる自動化などを行うことで、サービス品質の向上とコスト削減を狙う。これらにより、横河電機の本社IT部門は、IT戦略の企画・推進に注力できる体制を構築し、目標の達成を目指す。(前田幸慧)