横河ソリューションサービス(奈良寿社長)は、日立製作所(東原敏昭社長)と共同企業体を結成し、フィリピンの公設の水道事業体であるメトロセブ水道区の広域給配水監視システム工事を受注した。

 メトロセブは、フィリピン中央部に位置するセブ州のうち、セブ市を含む7市6町で構成されたフィリピン第2の都市圏。広域給配水監視システム工事は、国際協力機構(JICA)の無償資金協力事業である「メトロセブ水道区上水供給改善計画」の一環として実施される。SCADA(監視制御システム)を導入して、中央監視室で給水状況を常時モニタリングすることで、人口増加や経済発展に伴いひっ迫している同エリアの給水状況の改善を図る。

 日立製作所は、共同企業体の代表企業としてプロジェクトを推進。横河ソリューションサービスは、SCADAシステムを製作して漏水管理システムを納入するほか、流量計などのフィールド機器を水道区域内143か所に据付ける。プロジェクトの工期は2016年3月末の予定。