超図軟件(SuperMap Software、宋関福総裁)は、浪潮(Inspur、孫丕恕董事長兼CEO)との提携を強化すると発表。とくに「天梭K1」とGIS(Geographic Informaiton System)をベースにした応用技術の開発、製品、ソリューションなど各方面で協業を推進していく。天梭K1とSuperMapは、システム互換性と性能最適化テストは実施済み。今後、両社はK1とGIS関連で、ISVと連合して、パートナー関係を強化する。

 GISシステムは、伝統的なリレーショナルデータベースによる構築手法なので、大型サーバーが欠かせない。浪潮集団メインフレーム事業部の陳昌浩総経理は、「製品技術、技術サポート、中国企業ニーズの把握、コストパフォーマンスなどさまざまな面において、欧米ブランドに比べて優位性がある。浪潮はすぐれた技術で、SuperMapを全面的にサポートする」と、提携に自信をみせる。

 SuperMapは1997年に設立され、GISプラットフォーム、GISアプリケーション、GISクラウドサービスなどを提供する、アジア最大のGISのトータルソリューションプロバイダ。中国国内で、スマートシティー、国土、統計、気象などの分野で、GISアプリやソリューションを提供しており、政府機構への導入実績を多く有している。

 また、SuperMapは海外市場に積極的に進出しており、ユーザー企業は100か国以上に及んでいる。(文/鄭麗花)