関電システムソリューションズ(KS-SOL、山元康裕社長)は、日本IBMと協業し、標的型攻撃対策製品「FireEye」を導入した企業の自社運用監視に代わり、セキュリティ専門技術者による24時間365日の有人運用監視を行う「KS-SOL マネージド・セキュリティー・サービス サービスタイプ3」を8月3日に開始した。

 FireEyeは、情報漏えいの脅威をリアルタイムで検知、防御する先進的なセキュリティー機能をもつサンドボックス型セキュリティ対策製品。今回の新サービスは、FireEyeを導入した企業向けに、KS-SOLが提供する運用監視サービスとして提供するもの。バックグラウンドには、日本IBMのセキュリティ専門技術者による24時間365日の有人運用監視サービス「IBM Managed Network Security Services(IBM MNSS)」を利用する。IBM MNSSでは、東京を含む世界10拠点のIBMセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)で顧客サイトのセキュリティ機器を運用監視する。

 同サービスを利用することで、日々進化するサイバー攻撃の脅威から企業の知的資産や重要なデータを守り、安心・安全なシステム運用を実現する。

サービス提供イメージ

 税別価格は、年額462万円から。KS-SOLと日本IBMの両社は、今回の協業発表を機に、両社の実績・ノウハウを生かし、さらなるセキュリティ対策を顧客に提供していく。