ミラクル・リナックス(伊東達雄社長)は、9月1日、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure(Azure)」の認証テストで、ミラクル・リナックスのエンタープライズ向けLinux OS「Asianux Server 4(MIRACLE LINUX V6)」が全テストをクリアしたと発表した。Asianux Server 4は、国産初の動作保証済みAzure認証エンタープライズLinux OSとなる。9月1日から、米国子会社のMIRACLE LINUX AMERICAを通じてAzure Marketplaceでの販売を行い、同製品のサポートメニューとして、「Asianux for Cloud Standard Support」の提供を開始する。

 Azureは日本の法律に準拠して展開されているため、日本国内での導入が容易であることから、日本の企業ユーザーや公共組織も含めて高い成長率で導入数が増加している。今回、ミラクル・リナックスでは、Asianux Server 4のMicrosoft Azure認定取得によって、日本の企業ユーザー向けに、安心して日本語サポートが受けられるエンタープライズLinuxの選択肢を拡充した。さらに、Azureと同様に日本円での決済により為替リスクの不安を払拭し、日本国法に準拠することでクラウド利用の課題を解決し、日本国内でのクラウドとLinuxの利活用(Linux on Cloud)を促進する。

 なお、Azure上で利用するAsianux Server 4のサポートサービスは、ミラクル・リナックスから販売する。また、販売パートナーやソリューションパートナーを募集しており、現在ソフトバンク・テクノロジーが両パートナーとなっている。

 ミラクル・リナックスは今後、日本マイクロソフトとの協業のもと、日本のエンタープライズ環境に適したLinux OSの提供とソリューションの開発、また、日本企業のユーザーニーズに応える技術サポートを提供していく。エンタープライズ環境で、ユーザーがより安全にLinux OSを活用できるよう、「Azure仮想マシン上での動作検証」、「実装のための技術ガイダンスの提供・公開」、「国内ISVの商用アプリケーションとの連携」、「Azure実装パートナーへの支援」、「日本マイクロソフトと共同での技術セミナー」を注力分野として取り組んでいく。