ニュース

システムズナカシマ、マイナンバーの運用に最適なUSBメモリを発売

2015/09/09 19:03

 CADや業務用ソフトの開発・販売を行うシステムズナカシマ(中島義雄社長)は、マイナンバー(社会保障・税番号)を安全に管理できるUSBメモリ「マイガード」の販売を10月中旬から開始する。

USBメモリであることから、マイナンバーを金庫に保管するという運用がしやすい

 今年10月から12桁のマイナンバー(個人番号)の配布が開始され、民間企業においても、従業員の健康保険や厚生年金の加入手続、源泉徴収業務、あるいは証券会社や保険会社などにおける利息、配当金、保険金などの税務処理を行う際、マイナンバーが必要となる。そのため、勤務先や金融機関に本人をはじめ、家族のマイナンバーを提示しなくてはならない。

 マイガードは、マイナンバーをクラウド上や企業内のネットワーク上において管理するのではなく、パソコン用のUSBメモリ内に保護領域を設けて、パスワードによって安全に保護管理する。マイナンバーを格納したUSBメモリは、パソコンから取り外し、企業内の金庫や鍵のついたキャビネットなどで保管するため、万一、企業内のネットワークが外部から不正にアクセスされた場合でも、安全に保護することができる。

 さらに、マイガードに格納されたマイナンバーは、画面キャプチャ、コピー、印刷、クリップボードへの貼り付け、CD/DVDへの保存は一切行えない。閲覧においては、誰が、いつ、どのファイルにアクセスしたかなどの操作ログも記録される。なお、希望小売価格は、マイガードUSBメモリ(8GB×1本)が59800円(税別)、バックアップ用を含むマイガードUSBメモリ(8GB×2本)が89600円(税別)。
  • 1

関連記事

システムズナカシマ、SFAのクラウド版開発にサイボウズ「kintone」を採用

システムズナカシマ、iOS対応スケジュールアプリを期間限定で無償提供

イスラエルのIT製品でビジネスしませんか? システムズナカシマがマッチングWeb

外部リンク

システムズナカシマ=http://www.systems.nakashima.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>