野村総合研究所のグループ会社であるノムラ・リサーチ・インスティテュート・フィナンシャル・テクノロジーズ・インディア(NRI FT India、渡邉徹社長)は、モンゴル最大手の銀行であるGolomt Bank of Mongolia(Golomt銀行、Ch.Munkhtsetseg代表)に対して、カストディ業務を支援するソリューションを納入した。

 カストディ業務とは、銀行や証券会社が、投資家に代わって有価証券を保管・管理する業務のこと。Golomt銀行は、2014年8月に、モンゴル金融規制委員会(FRC)から国内第一号となるカストディ業務ライセンスを取得。同業務を全面的に支援するITソリューションとして、堅牢性や拡張性、将来のニーズ変更に応えられる柔軟性を重視し、NRI FT Indiaが提供する「NRI Financial Solutions for Custodians」を採用した。

 導入にあたっては、NRI FT Indiaの業務コンサルタントが、業務プロセスや顧客サービスの検討をGolomt銀行と共同で推進。この結果、3か月という短期間で稼働開始を実現した。