富士通研究開発中心有限公司(FRDC、佐々木繁董事長)と、富士通研究所(佐相秀幸社長)は、人間の脳の働きを模した人工知能(AI)技術を活用して、96.7%の認識率をもつ手書き文字認識技術を世界で初めて開発した。

 FRDCと富士通研究所は、過去数十年間、文字認識の分野に携わってきた。手書き中国語の文字認識技術は、中国政府の国勢調査で8億枚の帳票認識に活用されるなど、商用の技術レベルを実現している。2010年には、深層学習にもとづく人工知能による文字認識の研究を開始。2013年には、開発した人工知能による文字認識技術が、文書画像処理分野の国際会議「ICDAR 2013」が主催する手書き文字(中国語)認識コンテストで1位(認識率94.8%)を獲得している。

 今回、文字認識の過程で利用する階層的モデルで、認識精度を支配する神経細胞間をつなぐ結線数を、従来の約280万から約1億5千万に拡大。さらに、学習する文字の変形パターンを多種多様に自動生成する技術を開発した。これによって中国語の手書き文字で、人間の認識率96.1%を上回る96.7%を達成した。

 新開発の技術によって、コンピュータへの入力業務や確認作業の自動化が見込まれる。FRDCと富士通研究所では、2015年度内の実用化を目指す。