NEC(遠藤信博社長)は、マレーシア国内のマレー半島とボルネオ島を結ぶ大容量光海底ケーブル敷設プロジェクト「SKR1M(Sistem Kabel Rakyat 1 Malaysia)」を受注した。ケーブルの稼働開始は、2017年半ばを予定している。

 同プロジェクトは、マレー半島とボルネオ島の6都市・5区間に渡る総延長距離約3700kmを光海底ケーブルで結ぶもの。NECは、マレーシアの大手通信事業者であるTelekom Malaysia(TM)、TT dotCom(TTdC)との間で建設請負契約を締結した。敷設するケーブルは1波長あたり100Gbpsの光波長多重方式に対応し、建設時の初期容量は4Tbpsとなる。