中国共産党中央委員会は、11月3日、2016年~20年までの経済・社会政策の柱となる「第13次5か年計画」の建議全文を公表した。建議には、ICTに関する言及が随所にみられる。IDC中国(霍錦潔総裁)は、これを分析し、今後5~10年間の中国ICT市場の10大キーワードを新たに発表した。

 10大キーワードとその理由は図に示した通り。従来、IDC中国が掲げていたキーワードに、「現代サービス業」「農業現代化」「省エネ環境保護」「ビッグデータ」の四つが新たに加わった。ICT企業が中国で商機をつかむには、10大キーワードを自社戦略に取り込むことが重要だと説明している。

 なお、「第13次5か年計画」の完成版は、来年3月に開催される両会での審議を経た後、正式に公表される。(真鍋武)