レッドハットは、11月26日付で望月弘一氏が代表取締役社長に就任したと発表した。

代表取締役社長に就任した望月弘一氏

 望月氏は、2010年にNTTが買収した南アフリカのIT大手、ディメンションデータの日本法人ディメンションデータジャパン(旧社名データクラフトジャパン)の代表取締役社長に就任。以来5年間、同社のセールス、ソリューションサービス、マネージドサービス、プロフェッショナルサービス、財務と、すべての支援部門を含む日本事業を統括してきた。

 それ以前は、20年余り日本IBMに在籍し、営業担当者としてキャリアをスタートした。その後、日本やアジア太平洋地域で営業、戦略、マーケティング管理などさまざまな職務に従事。98年から2年間は米IBM本社勤務、00年から営業部長を経験した後、04年1月にはアジア太平洋地域グローバル・サービス事業のオペレーション本部長に就任し、同地域でのサービス事業の戦略立案、事業展開をリード。05年、日本のグローバル・サービス事業のオペレーション本部長兼理事に就任。07年には、グローバル・ファイナンシング事業部長兼執行役員に就任している。

 レッドハットでは、望月氏のリーダーシップのもと、クラウド、IoT/ビッグデータ、ストレージ、モバイル分野にまで多様化するソリューションポートフォリオを駆使し、パートナー企業との連携をさらに強化することで、新たな市場開拓を目指していく方針。また、日本市場での顧客の要望に応えるために、営業、マーケティング、技術部門の体制強化に投資を継続し、オープンソース技術によって顧客のビジネス支援に力を注いでいく。

 なお、これまで暫定社長を務めてきたダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏は、引き続き、レッドハットアジアパシフィック Pte Ltd シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーアジアパシフィックジャパンとして、業務を遂行していく。