SAPジャパンは(福田譲社長)は、すべての分析機能を一つのソリューションにまとめ、これまでにないユーザーエクスペリエンスを実現するSaaS型のクラウド分析ソリューション「SAP Cloud for Analytics」を、12月1日に発売した。

 SAP Cloud for Analyticsは、SAP HANA Cloud Platformでネイティブに構築したパフォーマンスにすぐれたリアルタイムソリューション。企業全体のパフォーマンスをすばやく把握できるデジタルダッシュボードや、計画、予測、ビジネスインテリジェンス(BI)の機能を、一つのアナリティクスエクスペリエンスとして提供することができる。

 これにより、ビジネスユーザーはあらゆるデータにアクセスし、発見、視覚化、計画、予測が容易になるため、単にデータを視覚化するだけでなく、ビジネスの成功を支援する。また、信頼性が高く、完全に拡張可能なマルチテナント環境での提供により、個人でも会社でも誰もが登録してすぐに使用することができる。純粋なクラウドサービスとして、一つのアナリティクスエクスペリエンスとして利用できるため、ビジネスユーザーの業務の敏捷性とパフォーマンスの向上を図ることができる。

 SAP Cloud for Analyticsを構成するコンポーネントとしては、「SAP Digital Boardroom」、「SAP Cloud for Analytics for BI」、「SAP Cloud for Analytics for Planning」の機能を統合している。また、他のクラウドやオンプレミスのソリューションと連携することが可能で、今後「SAP SuccessFactors」や「SAP hybris Marketing」といったSAPソリューションに組み込まれる予定。