【ラスベガス発】米シトリックス・システムズ(米シトリックス)は、1月11日(米国時間)、パートナー企業向けプライベートイベント「Citrix Summit 2016」を米国・ラスベガスで開催した。ディストリビュータやSIerなどシトリックスとパートナーシップを組むベンダーを中心に、報道関係者やシトリックス関係者を含めて世界各国から4000人以上が来場。日本からは30人程度のパートナー企業が参加している。同イベントは1月13日まで開催している。

「Citrix Summit 2016」が開催

 2015年夏、米シトリックスはマーク・テンプルトンCEOが退任を表明し、同年秋に戦略的な方向性を探るとして暫定CEOにボブ・カルデロニ氏が就任。また、ワールドワイドパートナーセールスと戦略部門を担当するバイスプレジデントとして、マイクロソフトでEMEAチャネルビジネスを数年間にわたって主導した経験などをもつキンバリー・マーティン氏を招き入れている。今後、米シトリックスがどのようなチャネル戦略を打ち立てていくのか、気になるなかでの今回のイベントだ。

 初日の基調講演にはカルデロニ暫定CEOが登壇。「これまでは、(シトリックスが強みの)本当によい要素を忘れてしまっていたのかもしれない」と述べ、「今後は、『フォーカス』をキーワードにビジネスの簡素化を進めていく」と説明。加えて、「パートナーが高い売り上げ、高い利益を確保できるように取り組んでいく」との方針を示した。

ボブ・カルデロニ暫定CEO

 また、マーティン・バイスプレジデントも登壇して「当社のビジネスは90%がパートナー経由」と述べたほか、「(パートナープログラムの)『CSP(Citrix Service Provider)』に参加するパートナー経由のビジネスが成長率30%を遂げている」とアピール。パートナー企業のビジネス拡大に寄与するため、「(準大手・中堅企業などで構成される)ミッドマーケット市場は年率8%で成長している。ここにフォーカスしてサポートしていく」意向を示した。その一つとして、ミッドマーケット市場を掘り起こすための支援策「Midーmarket success kits」を提供することを明らかにした。(佐相彰彦)

キンバリー・マーティン・バイスプレジデント