日立システムズ(高橋直也社長)は、カシオ計算機(カシオ、樫尾和宏社長)と協業し、中堅・中小規模製造業向けに、自社工場や協力会社の工場、倉庫などに点在する製品の在庫状況・入出庫状況をリアルタイムに見える化するサービスを2月16日に発売した。

 今回のサービスは、カシオのハンディターミナルとサイボウズのクラウドサービス「kintone」を活用し、日立システムズが提供する日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のオプションサービスとして提供するもの。

 同サービスでは、自社工場だけでなく、ネットワークがつながっていない委託先工場や倉庫からも、カシオのハンディターミナル「DTーX200/DTーX100/ITーG500」を使って製品のバーコードなどを読み取るだけで、インターネットとkintoneを通じて、FutureStageの在庫データにリアルタイムで入出庫情報や製造実績を反映できるようになる。これにより、電話やFAXなどでの煩雑なやり取りが不要になるほか、正確で迅速な在庫状況の見える化が実現できる。

 また、発注側がFutureStageをすでに利用している場合、サービス導入に必要な費用は、FutureStageのオプションサービス費用と、kintoneの月額利用料、カシオのハンディターミナルの購入費用、インターネット環境の費用だけですむため、発注側、委託先の双方とも大きな投資をせずに導入することが可能となる。

 日立システムズでは、今回の協業を通じてFutureStageの拡販を促進し、18年度に40億円の販売を目指す。