スターティア(本郷秀之社長兼CEO)は、「Amazon Web Services(AWS)」を活用したインテグレーションサービスを強化している。事業を牽引するネットワークソリューション事業部の平澤有一・事業部長は、「当社の事業ドメインである“SMBのIT活用”のマーケットにクラウドを浸透させ、お客様のビジネスの向上に貢献したい」と、力を込める。

平澤有一
事業部長
 同社はAWS活用ソリューションとして、インスタンスの作成からファイルサーバーのデータやActive Directory移行まで、クラウド活用のプロセスを段階的にパッケージ化し、“松竹梅”的な複数のプランに落とし込んだ「クラウドスターターパック for AWS」、情報漏えい対策支援サービスの「クラウドスターターパック セキュリティプラン for AWS」、AWS導入後の運用を包括的にサポートする「マネージドエージェントサービス」などをラインアップしている。現状では、社内ファイルサーバーの老朽化に伴うクラウド移行のニーズがとくに目立つという。

 AWSを活用したクラウドインテグレーション(CI)サービスが立ち上がったのは、2015年の4月。同6月頃から具体的なサービスメニューが揃ってきた。平澤事業部長は、CIに力を入れ始めた背景について、次のように説明する。

 「AWSがマーケットに浸透したという見方もあるようだが、中堅~大企業はともかく、SMBではほとんど活用が進んでいない。過去に、当社も自社でクラウドインフラをサービスとして提供していたが、市場環境が整っておらず、時期尚早でうまくいかなかった。ところが、近年のAWSの怒濤の値下げで、SMBでもコストメリットが出せる環境が整ってきた。事実、サーバーのリプレース案件などでは、クラウドも選択肢に入れて比較検討されるお客様が増えている。それでも、SMBのマーケット全体では情報不足でクラウドのメリットをご存じないお客様が圧倒的に多いので、今こそCIに力を入れる時期だと判断した。大企業向けのビジネスを手がける大手CIerが総合病院だとすれば、スターティアは、クラウドファーストをSMBにも根付かせる“町の名医”を目指す」。

 スターティアは、もともとシステムインテグレーションのビジネスではハードウェアの売り上げをセールスの評価の指標に組み入れていない。そのため営業部隊も、ハードウェアの売り上げがなくなることを嫌ってクラウドを提案することに消極的になるようなことはないという。16年3月期のCIビジネスの売上高は当初計画の2倍となる見込みで、自社パッケージ商材のクラウド化なども進め、CIビジネスのさらなる拡大を図る。(本多和幸)