DTS(西田公一社長)は、販売管理ソリューション「Xsi:d+(エクシードプラス)」を4月21日に発売した。

 「Xsi:d+」は、NTTデータ イントラマート(中山義人社長)が提供するシステム共通基盤「intraーmart」上で動作する業務システムとしては初となる「.NET Framework」対応のアプリケーションを搭載した販売管理ソリューション。現場が使い慣れている表計算ソフトとスムーズに連携し、アプリケーション画面からのコピーアンドペーストやファンクションキーの操作などを簡単に行うことができる。

 原材料の発注から製品の販売まで、現場で必要な取引の進捗状況・在庫状況をリアルタイムに把握できるため、すばやい状況判断にもとづいたアクションが可能。また、集積したビッグデータ活用に最適な分析機能を標準装備し、売上分析や在庫の見える化など、現場から経営まで「一元化された情報」を提供することによって、正確でスピーディな経営判断を支援する。基本的な帳票テンプレートを標準で備え、部門別損益管理で財管一致を実現する。さらに、顧客独自の集計項目にも簡単に対応できる。

 税別価格は、Standard Editionが1000万円、Entry Editionが500万円。同社では、初年度は直接販売を中心とし、2年目から直接販売に加えパートナー企業各社を通じた販売を行っていく予定。今後3年間で10億円の販売を目標としている。