A10ネットワークス(A10、川口亨社長)は、ベアメタルに対応した次世代アプリケーション・デリバリ・コントローラー(ADC)「Thunder ADC for Bare Metal」を5月12日に発売した。

 Thunder ADC for Bare Metalは、ハードウェアに直接インストールできる、仮想化を介さないソフトウェアとして提供する。この新しい提供形態により、大企業やクラウドプロバイダは、最大40Gbpsのアプリケーションスループットを提供できるADCを自社で選択したハードウェア上にオンデマンドで構築することができるようになる。

 また、同製品では、A10 Thunder ADCアプライアンスのもつ豊富なアプリケーションおよびセキュリティ機能のすべてを提供する。顧客、自社で選択したハードウェア上で、次世代のアプリケーションネットワーキングに必要なプログラマビリティやポリシー制御、テレメトリーといった、A10の独自OS「ACOS(Advanced Core Operating System)Harmonyプラットフォーム」の利点を享受することが可能となる。

 シスコやデル、Ericsson、SuperMicroなどが提供するプラットフォームで動作する。