エプソンダイレクト(吉崎宏典社長)は、15.6型液晶を搭載したビジネスノートPC「Endeavor NJ4000E」を5月17日に発売した。

 新製品では、15.6型の液晶を、HD(1366×768)、フルHD(1920×1080)の二つの解像度から選択が可能。文字などのみやすさを重視するユーザーはHD液晶搭載モデル、広い作業領域を求めるユーザーはフルHD液晶搭載モデルなど、二つの解像度から用途に応じたものを選ぶことができる。

 CPUには、最新の第6世代インテルCoreプロセッサが搭載可能。コストパフォーマンスにすぐれたインテルCeleronプロセッサも選択できる。ストレージは、コストパフォーマンスの高いHDDまたは高速アクセスを実現するSSDを7種、メモリは最大16GBを搭載可能。OSは、Windows 10のほかにWindows 7 Professional SP1適用済み(Windows 10 Pro 64bit ダウングレード)も選択可能。ユーザーの用途や予算に合わせたシステム構成を選ぶことができる。