ソリマチ(反町秀樹社長)は、クラウドを活用した会計事務所向けの新たなサービス「会計事務所クラウド」と新製品「MA1(Matching Account One)」を6月6日に発売した。

 会計事務所クラウドは、会計事務所とその顧客である顧問先とをクラウドを通じてつなぐサービス。これにより顧問先の自計化(中小企業が自社で記帳など経理業務をすること)はもとより、記帳代行(経理業務を外部へ委託すること)の顧問先データも含め、クラウド上で一元管理することができる。また、従来のPCアプリケーションとクラウドを融合するソリマチ独自の方法によって高い操作性を実現するとともに、最新の制度改正対応への手間も大幅に削減した。

 さらに、顧問先の仕訳数や収益性、担当者別の訪問状況などさまざまな情報を会計事務所内で閲覧できるほか、経営診断書などの分析資料も充実することで、これまでにない自所内分析による経営アドバイスなどを可能にした。また、より多くの会計事務所が利用できるよう、従来に比べ大幅に低価格の料金体系を実現した。

 MA1は、累計出荷本数145万本のベストセラー会計ソフト「会計王」をベースに、クラウドなど最新技術を融合する新たなスキームで開発したもの。一般的なクラウドサービスでは、常にブラウザでの利用に限定されるが、MA1では、PCアプリケーションを前提とし必要な時だけクラウドにアクセスを行う。これにより、インターネットがなくても操作することができるため、外部監査などで顧問先に訪問する時や在宅勤務など、どのような場所でも利用することができる。

 また、PCアプリケーションと同等の操作性や入力スピードを実現しているほか、クラウドを通じて最新の状態を維持するため、制度改正対応などの際、顧問先の会計ソフトを刷新する負担を大幅に減少できる。さらに、MA1では銀行アカウントアグリゲーションにも対応しており、顧客が全国の金融機関口座・電子マネーなどの入出力明細を取り込み、自動仕訳することが可能となっている。