エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、XFINIUM SoftwareのクロスプラットフォームPDF開発ツール「XFINIUM.PDF Moble」を6月29日に発売した。

 「XFINIUM.PDF Mobile」は、Xamarin対応のiOS、Android、Windows Phone 8.1アプリにPDF機能を追加する開発ツール。セキュリティ、イメージ、ドキュメント機能、グラフィック機能、フォント、コンテンツポートフォリオ、バーコード、PDF注釈、PDFフォーム、PDFアクション、PDF関数、テキスト検索、コンテンツ抽出、テキスト変換、テキスト編集、レンダリングなど一般的なPDF機能をもつアプリケーションを開発する.NETライブラリで、すべてC#で開発され、100%マネージドコードとなっている。

 また、「XFINIUM.PDF」の製品群には、Xamarin対応のXFINIUM.PDF Mobile以外にもWIN/MONO(Windows.NET(WinForms)、Mono向け)、WPF/SL/WINRT(WPF、Silverlight、Windows Store向け)、CROSS-PLATFORM(全プラットフォーム対応)を用意している。XFINIUM.PDFで記述したコードは、変更せずに対応するすべてのプラットフォーム間でコンパイルが可能。短期間でクロスプラットフォーム対応のアプリを市場に展開できる。さらに、開発者ベースのシンプルなライセンス体系で、開発したアプリケーションの配布ロイヤリティは無料となる。

 税別価格は、1開発者ライセンスで、「XFINIUM.PDF MOBILE Standard Edition」が4万1800円、「XFINIUM.PDF MOBILE Professional Edition」が5万5800円、「XFINIUM.PDF WIN/MONO Standard Edition」が6万9800円、「XFINIUM.PDF WIN/MONO Professional Edition」が9万7800円、「XFINIUM.PDF WPF/SL/WINRT Standard Edition」が6万9800円、「XFINIUM.PDF WPF/SL/WINRT Professional Edition」が9万7800円、「XFINIUM.PDF CROSS-PLATFORM Standard Edition」が9万7800円、「XFINIUM.PDF CROSS-PLATFORM Professional Edition」が12万5800円。すべて年間サポートサブスクリプション付。