エフセキュア(キース・マーティンカントリーマネージャ)は11月11日、Salesforce上で共有される悪意のあるコンテンツを含むリンクとファイルをチェックするセキュリティソリューション「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」を発表した。現在、最初の顧客とパイロット運用を実施中で、2017年には全世界で展開する予定。

 このソリューションは、「F-Secure Security Cloud」のリアルタイムスレットインテリジェンスやサンドボックスなどの各種機能を使用して、リンクやファイルが安全であることを検証するもの。その際、Salesforceの使用や性能を妨げることはないという。悪意があると確認されたファイルやリンクについては、拡散したり使用されないように、F-Secure Cloud Protection for Salesforceがブロックして隔離。その後、管理者がさらなる分析とアクションがとれるように記録してフラグを付ける。

 管理者はさまざまな異なるアクションが選択可能で、ユーザーに対して表示するメッセージをカスタマイズすることができる。これにより、マルウェアを拡散するためにクラウドを悪用するサイバー攻撃を防ぐだけでなく、IT管理者が調査して脅威に対応し、自社のセキュリティを改善することが可能となるとしている。