日立システムズ(北野昌宏社長)は、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」のサービスメニューに「在庫可視化オプション」を追加し、11月17日に発売した。

 製造・流通業で一般的に運用されている在庫管理表には、「在庫数の推移が適切かどうか読み取るのが難しい」「真に問題在庫となっている品目の発見が難しい」「発注タイミングの見極めが難しい」といった課題があった。今回、こうした課題解決のため、FutureStageのラインアップとして、日立ソリューションズ東日本(八田直久社長)の在庫可視化ツール「SynCAS PSI Visualizer」を活用した在庫可視化オプションを追加した。

 このオプションを導入することで、システムから操作者に対して適正在庫基準の指針が提示され、判断ミスのリスクを低減できるほか、「売れ筋」「停滞気味」など傾向ごとに製品を絞り込み在庫状況に応じたアラートを発することで在庫の適正化が可能になる。また、発注の数量やタイミングを動的にコントロールしやすくなり、過剰在庫や欠品の抑止を促進できるとしている。

 これにより、在庫管理表で管理していた製造・流通業で、在庫状況をリアルタイムに視覚的に判別できるため、問題在庫を早期に発見でき、適正在庫基準の動的な設定によって過剰在庫による経費ロスや欠品による機会損失を改善、在庫の最適化を図ることができるという。

 税別価格は、初期費用250万円から。今後、同社では拡販を進め、2018年度末までに累計120億円の販売を目指す。