ピー・シー・エー(PCA、水谷学社長)とヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸(長尾裕社長)は11月21日、PCAの基幹業務クラウドサービス「PCAクラウド」とヤマト運輸の会員制サービス「ヤマトビジネスメンバーズ」のクラウド型送り状発行システム「B2Web」を連携し、PCAクラウドから宅急便の送り状発行ができるようにしたと発表した。

 PCAクラウドは、会計・販売管理・給与計算などの業務を効率化する中小・中堅企業向けの基幹業務クラウドで、一方のヤマトビジネスメンバーズは、ヤマト運輸が提供する法人・個人事業主を対象とした登録無料の会員制サービス。今回、販売管理システム「PCA商魂X クラウド」で登録した受注伝票・売上伝票の情報を、PCAが新たに開発した「B2Web 送り状連携」アプリによってB2Webと連携し、PCAクラウドでの宅急便の送り状発行を可能にした。

 これにより、PCA商魂X クラウドに受注伝票・売上伝票の情報を登録するだけで宅急便の送り状発行が可能となる。また、発行された送り状番号はPCAクラウドに登録され、受注伝票や売上伝票と送り状番号を紐づけることができ、PCAクラウドから簡単に配送状況を確認できるようになる。スマートフォンやタブレットでも確認できる。

 今後は、より連携範囲を深め、商品明細をB2Webに連携し、納品書一体型伝票(送り状+納品書)の発行を可能にする予定。そのほか、ヤマトビジネスメンバーズで提供するさまざまなサービスとも連携し、さらなる利便性の向上を目指す。