日立ソリューションズ(柴原節男社長)は11月29日、ポイント管理ソリューション「PointInfinity」のクラウドサービスで、会員属性や店舗ごとのポイント利用状況を可視化・分析し、企業のマーケティングを支援するアナリティクスサービスを12月1日に発売すると発表した。

 アナリティクスサービスは、会員属性や店舗ごとのポイントの利用状況をダッシュボードで可視化する。簡単な操作でマーケティング分析を行うことができ、分析結果の理解を助けるための簡易マニュアルを提供する。日立ソリューションズは、顧客の要望に応じて、これまでの実績やノウハウを生かし、さまざまな手法で多面的に詳細分析を行うなど、マーケティングを支援していく。

 これにより、企業はポイント管理サービスで蓄積した情報をタイムリーに分析。客観的な指標にもとづくマーケティングを強化することで、売上高向上を実現することが可能となる。

 税別価格は、月額20万円から、初期費は個別見積もり。同社では、今後、FinTechやIoTといった新たな技術に対応し、国内外の幅広い業種の企業のポイントサービスを支援していく考え。