コベルコシステム(川瀬俊治社長)は12月19日、日本マイクロソフトが11月からクラウドでサービスを提供している「Microsoft Dynamics 365」に、これまでの「Dynamics AX」を基盤に開発したテンプートを対応させ、「HI-KORT 365 for Operations」として12月1日に提供を開始したと発表した。

 HI-KORT 365 for operationsは、日本特有の商慣習に対応する会計と製造業務のユーザーインターフェースや機能などをすべて継承し、Dynamics 365 for operationsを短期間・低コストで導入することができる。Dynamics 365 for Operationsに準拠した業務プロセスの雛型を用意しているほか、導入時の検討・教育をスムーズにするドキュメント類を提供。また、ERPのコアにDynamics 365 for Operationsを利用し、システムの品質、拡張性を担保する。

 ラインアップは、HI-KORT 365 for Operations/Finance」(会計テンプレート)、「HI-KORT 365 for Operations/Finance on Cloud」(会計サービス)、「HI-KORT 365 for Operations/SCM」(製造テンプレート)を用意している。